環境保全をベースとした地域づくりに取り組む高知のコンサルタント・シンクタンク

株式会社 西日本科学技術研究所

Loading

Topics

和霊神社の参道を近自然工法により修復しました!(1)
■和霊神社とは

高知市神田にある和霊神社は、坂本家本家の才谷屋の先祖が1762年に建立した神社で、1862年3月24日、脱藩を決意した坂本龍馬は、この神社に詣で武運長久を祈願したと伝えられています。

龍馬脱藩祭は、昭和60年3月24日に龍馬生誕150年記念事業として行われて以来、この神社の恒例行事となっています。
今年も3月24日に第28回龍馬脱藩祭が行われ、坂本龍馬に扮した地元小学生5人による脱藩宣言に引き続き、水杯で決意を示し、高知県知事、高知市長も加わって脱藩シーンが再現されました。脱藩150周年の節目にあたる今年は、例年より催しや出店も多く、氏子、地域住民だけでなく、龍馬ファンら500人を超える来場者が集まりました。

※写真はクリックすると拡大します。



===== レポート(2)へ続く =====

レポート(2)では、「近自然工法による参道修復工事」の内容を紹介しています。ぜひご覧下さい!
→レポート(2) http://www.ule.co.jp/bn/list000012.htm

たいまつを手に参道を下り、龍馬脱藩を再現。

たいまつ行列のしんがりを務めたのは、坂本龍馬?!

龍馬は「吉野に花見に行く」と家を出て、和霊神社に立ち寄ったといわれています。

ページの先頭へ