環境保全をベースとした地域づくりに取り組む高知のコンサルタント・シンクタンク

株式会社 西日本科学技術研究所

Loading

Topics

「防災から減災へ」−坂田 俊文 東海大学教授が弊社でご講演されました。
 平成24年5月9日に弊社の技術顧問である坂田 俊文 東海大学教授(工学博士)が来所され、「次の災害に備えて」と題し、災害の軽減化にはたす宇宙技術の役割等についてご講演いただきました。
 坂田先生は、東海大学情報技術センター(http://www.tric.u-tokai.ac.jp/)において人工衛星による宇宙からの地球観測や解析等を長年にわたって手がけられ、画像処理工学における第一人者として広く知られています。
 今回のご講演で「災害は必ず起きる」としたうえで、自助、共助、公助によって被害を少なくする『減災』を図る、そしてそのための有用な情報として、人工衛星データを活用して現在地球上でどのような変化が起きているかを把握する必要があるとご説明されました。また、災害発生直後から時間の経過にともない関心度や情報量が薄れていく実態を示し、常に次の災害への備えを心がけることが重要と提唱されました。
 今後必ず発生する地震等の災害。私たちはこれにどのように向き合い、備え、そして行動していくか。坂田先生のご講演はあらためて『減災』の重要性を考える大きな機会となりました。

坂田俊文 東海大学教授

ページの先頭へ