環境保全をベースとした地域づくりに取り組む高知のコンサルタント・シンクタンク

株式会社 西日本科学技術研究所

Loading

Topics

長良川での河床低下対策工事が平成26年度全建賞に輝きました!
 当社が河床安定対策工の設計に携わりました「一級河川長良川 大和工区 多自然河床低下対策工事」(岐阜県郡上土木事務所)が、平成26年度全建賞(河川部門)を授賞されました。
 本賞はわが国の建設技術の発展に寄与することを目的として、(一社)全日本建設技術協会が昭和28年に創設した歴史と伝統のある賞です。平成26年度は全国から8部門329事業の推薦があり、そのうちの60事業が授賞の栄誉に輝きました。
 本工事では、河床低下の抑制を図るとともに魚類等の生息環境を保全することを目的として、近自然工法に基づく分散型落差工を設置しており、授賞に際しては、施工前と比較してみお筋への砂礫の堆積や「郡上鮎」の増加が確認された点が高く評価されました。
 当社では、今後も各河川が抱える問題点、課題を的確に把握し、全国に向けて治水と環境の調和した川づくりを提案していきます。

岐阜県郡上市・長良川(平成25年11月)。河床低下により岩盤が露出し、「郡上鮎」も減少していましたが、近自然工法による分散型落差工の設置により、みお筋への砂礫の堆積とアユの増加が確認されました

ページの先頭へ