調査部門

植物調査

陸域・水域に生育する植物(種子植物・シダ植物)の種類(植物相の把握)や生育状況、植生の分布状況(植生図の作成)を明らかにします。また、植物の生育環境調査(照度、土壌など)も行っています。
これらの情報に基づき、自然環境の保全・再生計画、植栽や伐採などの管理計画の策定、希少種の保全作業(移植など)といった植物に関わる調査・提案を行っています。

植物調査 ギャラリー

コメント

●主な調査実績
・植生図作成調査、植物調査(河川水辺の国勢調査)
・希少植物の調査・保全対策(ミチゲーション)
・地域の生態系・景観に配慮した緑化計画
・樹林の構造調査、管理計画の策定
・ 森林や渓流環境の保全・活用にかかる調査・提案
・地域の森づくりや里山保全に関する調査、計画策定
・動物による植生環境の被害・再生状況調査
・てんぐ巣病(サクラ・タケ類)の被害状況調査・対策計画の検討
・植物手帳・ハンドブック作成

●代表的な受託業務
・平成28~29年度(名・天)室戸岬・室戸岬亜熱帯性樹林及び海岸植物群落史跡等保全管理活用計画策定支援業務(室戸市 生涯学習課)
・平成28年度 足摺宇和海国立公園における植物生育状況調査業務(環境省 中国四国地方環境事務所)
・平成27年度 横瀬川ダム植物モニタリング調査業務(国土交通省 中筋川ダム総合開発工事事務所)
・平成25年度 柳瀬ダム水辺現地調査(植物)業務(国土交通省 吉野川ダム統合管理事務所)
・平成23~29年度 希少野生植物食害防止対策(モニタリング調査)委託業務(高知県 林業振興・環境部 環境共生課)
・平成23~28年度 奥田川広域河川改修貴重植物保全追跡調査委託業務(高知県 中央西土木事務所)