調査部門

鳥類調査

特定の地域に飛来する鳥類の種類や数、利用の状況、繁殖の有無等を調査します。対象とする鳥類はオオタカ、クマタカなどの猛禽類、繁殖や越冬のため日本に渡来しているヤイロチョウ、ナベヅル、コアジサシ、オシドリなど、多岐にわたります。
現地調査は、それぞれの鳥類の特性に合わせて任意観察法、ルートセンサス法、定点観察法などを組み合わせて行います。
また、調査結果をGIS(地理情報システム)等を用いて解析し、環境アセスメント・事業による影響のモニタリング、自然環境の保全・再生計画の策定、重要種の保全にかかわる対策の提案などを行います。

 

【主な調査実績】
・鳥類の生息状況調査(河川水辺の国勢調査)
・環境アセスメント(各種事業の鳥類に対する予測・評価・保全対策の検討)
・事業実施に伴うモニタリング調査
・重要鳥類(ヤイロチョウ・ナベヅル・オシドリ・コアジサシ等)の飛来状況調査

鳥類調査 ギャラリー

コメント

代表的な受託業務
・四万十川自然再生事業モニタリング調査業務(国土交通省 四国地方整備局 中村河川国道事務所,平成26~29年度)
・四万十川水辺現地調査(鳥類外)業務(国土交通省 四国地方整備局 中村河川国道事務所,平成26年度)
・横瀬川ダム生態系モニタリング調査業務(国土交通省 四国地方整備局 中筋川総合開発工事事務所,平成21~30年度)
・中筋川ダム水辺現地調査(鳥類)外業務(国土交通省 四国地方整備局 中筋川総合開発工事事務所,平成26年度)