代表的な施工事例をご紹介します

近自然工法

人間活動と生物生存の両立を目指した近自然工法の事例紹介。

事例1:沖積砂礫河川における川づくり

合志川(熊本県熊本市、菊池市)
河床掘削事業において環境を創出・維持する川づくり(平成24年7月九州北部豪雨対応)
主な課題:流下能力の確保、瀬・淵・砂州の創出・維持、河床の二極化の進行抑止

事例2:山地石礫河川における川づくり

安田川(高知県馬路村)
人々の生活に密着した川づくり
主な課題:瀬・淵の明瞭化・維持、水路部の安定、親水面・景観面の向上

事例3:砂防河川における川づくり

竹原川(岐阜県下呂市)
急勾配(i=1/12)・急流(設計流速7.7m/s)の条件下での川づくり
主な課題:河床低下防止、段落ち形状を復元(3~4mの落差の解消)

事例4:文化的景観の保全対策

通潤用水・下井出水路(熊本県山都町)
文化的景観を保全した基盤施設(農用地・用水路等)の整備
主な課題:水路の保全・補修・維持管理、水路内の生態系の維持・保全

事例マップ

所員の自主的な調査研究を奨励しています。得られた研究成果は関連学会等に公表することに努めています。 今まで数多くの基礎学術研究を発表しています。

基礎学術研究について 詳しくはこちら>>

sp_top_05_academic_bg