contents_02_bg_01
contents_02_bg_02

土木計画・設計部門

詳しくはこちら

長年培ってきた「近自然工法」の技術と経験を活かし、治水を図る上で環境への負荷を最小限にしつつ、生物の生息環境にも配慮した川づくりのあり方・手法を提案します。

土木計画・設計部門について詳しくはこちら>>

調査部門

詳しくはこちら

専門知識を有する職員が、生物(動植物)調査、化学分析調査、生活環境調査を行います。
調査結果は、自然環境の保全や再生、環境影響の予測・評価(環境アセスメント)等を行うための基礎情報として活用できます。

調査部門について詳しくはこちら>>

地域計画部門

詳しくはこちら

自然科学・社会科学に関するベーシックな調査および地域の各主体との協働・連携を大切にしながら、地域固有の産業振興や自然・文化の再生、まちづくり活動など各種計画策定を行い、地域の持続的な発展に寄与します。

地域計画部門について詳しくはこちら>>

近自然工法=人間活動と生物生存両立のコンセプト!
スイスで誕生した近自然工法
日本で近自然工法を発展させていくためには、日本の気候風土、その土地の地形や地理的条件に合わせた考え方や技術が必要であり、わが国の伝統工法を導入してきました。

近自然工法について 詳しくはこちら>>

sp_top_02_natural_bg